最新情報

音楽CDを買い続ける理由、必要性

     

音楽CD Nikon D90にて撮影

 

音楽CDは売れなくなっている。

 

現在、音楽のデジタル化や、動画サイトへ等、音楽は安価、または無料で聴ける時代になりました。

 

音楽CDは、音楽を聴く為に買っていたものですので、当然、安価で手に入ったり、無料で聴けるのであればそれで十分です。

多少の音質の違いはあれど、わざわざ同じものをお金を支払って買おうとは考えません。

 

今までは「買わないと聴けなかった」から買っていたものが「買わなくても聴ける」のであれば買う必要は無いわけです。

その結果、音楽CDは売れなくなってきていますし、時代を考えると、今後も売れる流れになることは無いと言えます。

 

音楽を作るにはお金がかかる

 

私自身は、その音楽業界に対しての対策方法を持っているわけでは無いですが、

好きなアーティストの音楽CDは買うようにしています。

 

全ての曲をネットで聴くことができても、買うことにしています。

 

音楽を作るにはお金がかかります。

機材は決して安いものではありませんし、CDを作るには多くの関係者にお金を支払わなければいけません。

 

そういったお金をアーティストはCDの売上金や、ライブで稼いでいるのです。

 

CDが売れなければ、お金が無いので、次の音楽を作ることができません。

もしかすると、お金が儲からないので、バンドをやめようか、となってしまうかもしれないのです。

 

好きなアーティストの音源が途絶えることは、私がお金を支払うことより遥かにデメリットだと考えています。

 

その為

「次も良い音楽を作ってください」

という気持ちで、好きなアーティストのCDは例え動画サイトに全曲があったとしても必ず買うことにしています。

 

考え方の変換

 

今までの音楽CDは「音楽を聴きたいから買う」という考え方でしたが、今は違います。

多くが安価、無料で聴ける時代になった今

「次も良い音楽を聴きたいから買う」

という考え方をする方が良いでしょう。

 

自分が買ったCDのお金(微々たるものですが)が、次の音楽に繋がっていますし、機材が良くなれば音源の音質も上がります。

それは結果的に自分自身へのメリットにも繋がります。

作ってもらった音楽で幸せになれたり、感情が動いたりするのであれば、しっかりとお金を支払うべきです。

 

そういった考え方で

聞きたいから買う、というのも良いですが

次も良い音楽を聴きたい、頑張ってほしいからCDを買う、ということを考えていきましょう。

 

 

一般社団法人 ガチョック

開所日:月曜日~金曜日
開所時間:9時~17時
休日:土、日、祝
GW、お盆、年末年始はお休みいたします。