最新情報

モズライトギターがバンドで使われない理由

     

フィルモア モズライト Nikon D90にて撮影。

ギターに求められる音色

 

フェンダー、ギブソンというメーカーのギターは、プロのミュージシャンも多く使用しており、多くのギタリストは、その中で「良い音」を探し求めています。

これらのギターは、モズライト使いから見ると「アンプに繋げば既に良い音が出る」と言っても良いくらい、完成されたギターです。

音というのは、概念的な話になりますので、何が良くて、何が悪い、というのは私は言いませんが、少なくとも、一般的に思い浮かべる「ギター音のイメージ」を作り出したメーカーです。

現在、様々なギターメーカーがありますが、その多くはフェンダー、ギブソンといった2つのメーカーが作ったギターをモデルにして、そこに各メーカーの個性を入れて作られています。

つまり、必然的に、多くの人が求めるギターサウンドは「フェンダー」「ギブソン」の音となっています。

 

モズライトはフェンダーにもギブソンにも属さない

 

フェンダーや、ギブソンのギターと比べ、モズライトギターは異質です。その形状もそうですが、問題なのはピックアップ。弦の音を拾って出力するマイク部分です。

多くの場合、フェンダーのピックアップは煌びやかで繊細な音が特徴、ギブソンは力強い音が出ます。

音色がはっきりと違うので、世のギタリストは「フェンダー派」「ギブソン派」に分かれます。もちろん、使い分ける方もいます。

しかしモズライトは「煌びやかで繊細な音を出せる構造(フェンダー系)で限界とも思える力強い音(ギブソン系)を出そうとした」ピックアップを使っています。

文字だけにすると、フェンダーとギブソンの良いところを合わせた最高のピックアップですが、現実はそうではありません。

 

まず、力強さを求めた結果、ギターに必要な高音を失いました。

煌びやかさを出せる構造に力強さを加えていくと、仕組み上、すべての音域が平等に強く出るのではなく、高音域が奪われてしまいます。結果、妙に低音、中音が強いモコモコした音色になります。

次に、力強さを求めた結果、弦の振動に非常に敏感に反応するようになりました。これは良いこともありますが、些細な振動も拾って音にしてしまったり、ピッキングの強弱がつきすぎてしまったり、コントロールすることが難しくなり、結果として、私はライブの際にコンプレッサーを常時使用していました。

最後に、フェンダー系のピックアップはギブソン系に比べると、ノイズが入りやすい構造になっています。その構造で、力をあげたものですから、ノイズが入ります。

 

そうなってくると

「フェンダーで良いよね」「ギブソンで良いよね」となるのは必然ではないでしょうか。

 

使用しているギタリストは探すほうが大変

 

フェンダー系や、ギブソン系のギターを使っているプロのギタリストは、数えることができないほど多くいますが、モズライトギターを使っているプロのギタリストは、探す方が大変です。

これは「現場で求められている音色を出せない」ことの証明にもなります。

フェンダー系、ギブソン系を使っているのは「求められている音を出せる」

モズライトが使われないのは「求められている音が出せない」

からに他なりません。

 

しかし、モズライトギターは、2018年においても、ごく一部で、熱狂的な人気があります。特別な理由があって、購入することもあります。

しかし、バンドで使うには、不向きなギターであることは確実です。購入するのであれば、安いものでは無いので、覚悟が必要でしょう。

 

 

 

一般社団法人 ガチョック

開所日:月曜日~金曜日
開所時間:9時~17時
休日:土、日、祝
GW、お盆、年末年始はお休みいたします。