Cubase12でeLicenserが無くなる | 一般社団法人 ガチョック

最新情報

Steinberg Cubase 12でeLicenser システムが無くなるらしい

     

持ち運ぶしかなかったeLicenserドングル

CubaseとeLicenser

Cubaseを起動する為にはeLicenserが必要です。
Soft-eLicenserという選択肢もありますが、一応の利便性を考えると
eLicenserを使うことになります。

このeLicenserにはユーザーの情報が入っており
この情報によってCubaseの認証を通すことが可能になります。

逆に言えばeLicenserが無いとCubaseが動かない為
外出先でCubaseを使う場合はeLicenserを持ち歩く必要がありました。

とても不便なeLicenser

このeLicenserというドングルはとても不便でした。
私は、自宅と会社でCubaseを使用していますが、毎日eLicenserを持ち歩くのは大変です。
小さなeLicenserを無くさないか、破損しないかという課題が毎日出てきます。

ちなみにeLicenserが紛失、破損した場合復旧することはできません。
Cubaseがサウンドハウスで54,291円ですので、何等かの事故が起きた際は買いなおしになります。

それはいくらなんでもつらいなと感じた為
eLicenserを持ち運ばず2台で使用することができないか問い合わせてみたことがあります。
しかし、結果は当然ですがeLicenser無しでは不可でした。

自身が購入したものを、自身の好きに使えない、または使いにくい状況には違和感がありましたが
持ち運びのリスクも考えた上で、私はCubaseを2つ購入することにしました。
今は、自宅用と会社用のCubaseで2つのライセンスを所有しています。

ついでに、eLicenser破損の恐怖から予備のeLicenserを1つ持っています(合計3つ持っています)

ちなみにこのeLicenserも高価で1個3,230円します。
Cubase 12で1ライセンス2台使用が可能になりそう

Cubase12では eLicenserが廃止され、Steinberg Licensing というものになるようです。
公式ホームページによると

Steinberg Licensing は、これまでより遥かに便利で柔軟性に富み、皆様の Steinberg ソフトウェアをより新しくパワフルに使えるシステムです。たとえば、シングルユーザーライセンスでも2台のコンピューターで製品をアクティベートでき、スタジオと外出先の両方で使えるようになります。

USB-eLicenser を出先に持ち歩く必要もなく、Steinberg ID にログインすればダウンロードしたソフトウェアもすぐに使えるようになります。

1つのライセンスで2台のパソコンで使用できる、と書かれている為、かなり便利になると思います。
というより、ようやく時代に追いついたと考えるべきなのでしょうが
10年間くらい使っていて、それが当たり前になっていたので、喜びしかありません。

ただ、私が使っているもう1つのライセンスはどうするのでしょうか。