最新情報

Excelによる効率化。足し算。

     

 

Excel

 

Microsoft社が出している、Excelというソフトは、多くの企業で使われています。

 

しかし、その性能を駆使している人は、使用者全体の数%でしかないと言えるでしょう。

マクロを組み、変換し、Excelに落とし込む、等の行為は便利な反面、Excelへの理解が求められます。

 

そういった動作は一部の上級者が使っていますが、最初は何のことかもわからないと思います。

 

Excel初心者に役立つ最も簡単な使い方は足し算と引き算です。

数字を入力すると、自動で足し算や引き算をしてくれることがわかれば、まずはExcel使いの第一歩と言えるでしょう。

 

足し算の使い方

 

足し算は、計算式で言うならば

(数字A)+(数字B)=(数字Aと数字Bの合計)

という形になっています。

 

実は、Excelも同じ計算式が可能になります。

 

まずは、合計を入力したいセル(枠)に「=」と入力しましょう。

これはExcelの初歩であり、上級者になっても使うので、しっかりと覚えておく必要があります。

 

この場合、A1セルに計算式の結果を表示することになります。

 

これはA1セルではなくても、任意の場所に設置することが可能です。

 

「=」を書いた場所から、足したいセルをクリック(今回はB1にしています)、

そして「+」を入力、

今回は足し算ですので、もう1つ、足す場所をマウスでクリックします。(今回はC1にしています)

そのままエンターを押せば、数式の完成です。

 

 

 

確認

 

できあがった数式がしっかりと機能しているかどうか試してみましょう

B1とC1の値を足すことになっていますので、適当に入力してみます。

 

 

適当に入れてみましたが自分で答えがわかりません。

 

しかし、B1とC1に値を入力すればA1が変わったので、しっかりと計算されていることでしょう。

 

これがExcelの足し算です。

基本は算数の作り方と同じですので、理解できれば様々な使い方ができるようになるはずです。

 

是非、お試しください。

 

 

その他にSUMという方法もありますが、まずは、こちらをお試しいただければと思っています。

 

 

 

 

一般社団法人 ガチョック

開所日:月曜日~金曜日
開所時間:9時~17時
休日:土、日、祝
GW、お盆、年末年始はお休みいたします。