ペン表ソフト速攻型にお勧めのラバー、戦術。 | 一般社団法人 ガチョック

最新情報

ペン表ソフト速攻型にお勧めのラバー、戦術。

     

目次

表ソフト速効型

 

卓球をしていて、ペンの表ソフト速効型と対戦する機会というのは非常に少なくなってきています。

表ソフト速効型というのは、卓球の戦型の1つで、相手の回転を利用したカウンター攻撃を中心とした戦い方です。

相手が打ったボールの回転量を見極め、ラケットの角度を合わせてカウンター気味の攻撃していきます。

しかし、現代卓球では、相手が打ったボールの回転量が強くなり過ぎてしまい、表ソフトラバーで捉えられなくなったり(ラバーの上でボールが滑ってコントロールできなくなる)、回転量の見極めがシビアなものになり、表ソフトラバー1枚で戦うのは苦しい時代になってしまいました。

 

卓球は、ピンポン球に回転をかけて変化をつける競技なのですが、表ソフトというラバーはその回転がかけにくく、現代卓球へのアンチテーゼとしての存在が強くなってきました。

回転力で勝る「裏ソフトラバー」に対して、回転をかけずに、スマッシュを主力として戦う「表ソフトラバー」

もちろん、決め球は裏ソフトラバー、表ソフトラバー共にスマッシュになりますが、表ソフトラバーは回転で先手がとれない分、不利になってしまいます。

例えば、軌道が低い球に対して、裏ソフトラバーは、ドライブ回転をかけて持ち上げて、相手のコートに落とすことができますが、表ソフトラバーは、そのドライブ回転がかかりにくいので、相手にとって打ちやすいボールを返してしまい、逆にスマッシュのチャンスを相手に与えてしまいます。

状況によって不利になるタイミングが、表ソフト速効型は多くなっているのが現状です。

 

安定した戦術が可能

 

そうした中で、表ソフト1枚で戦っていく場合、多少なりとも回転をかける必要が出てきました。

そこでお勧めなのが、回転系の表ソフトラバーです。これは裏ソフトラバーほどではないですが、回転がかかる表ソフトラバーです。

回転がかからないのが特徴の表ソフトに、回転をかけれるようにするといった一見矛盾するようなラバーですが、

例えば、サーブのときに、回転で変化をつけにいく際、回転のかかるラバーと、かからないラバーだと、回転がかかるラバーの方が有利になります。

単純にできることが増えるのは強さに繋がりますし、塩見真希選手が、サーブの際に反転して裏ソフトラバーでサーブをするのも、回転量が必要だからです。

つまり、表一枚で戦うにしても、回転量は高い方が良いと言えるのです。

 

その他の技術に関しても、回転をかける、回転をかけない、といった選択肢がある方が便利ですし、回転をかけることができれば、安定した攻撃もやりやすくなります。

その中で、私がお勧めするのは「スーパースピンピップス」です。

回転系の表ソフトの中で、安定感が抜群です。ドライブ、サーブ、スマッシュ、全てが安定しています。

攻撃力では、他のラバーに劣りますが、全体のバランス、安定感を求めるならこのラバーがお勧めです。

 

 

攻撃パターンの狭さ、突き詰める強さ

 

スーパースピンピップスが安定して回転をかけられると言っても、裏ソフトラバーにはかないません。裏ソフトラバーに対して、ドライブの打ち合いをする必要はありません。

表ソフトラバーらしく、ドライブをカウンターするタイミングを作ることが必要です。その為に回転もかけられる、ということが重要なのです。

 

表ソフトラバーの狙いは単純です。

「相手が打った球をカウンターする相手はとれない」

です。

というか、これが攻撃パターンで、これしか無いと言っても過言ではありません。この攻撃パターンの狭さが面白いところでもあります。

スーパースピンピップスは、カウンターの安定感も高いため、狙いやすくなっています。

 

表ソフトの基本的な戦術としてお勧めなのが

左右のロングサーブのみ。そこに回転で変化をつけていきます。

当然ですが、相手の裏ソフトラバーはスマッシュ気味のドライブで攻撃してきます。

その攻撃を表ソフトでスマッシュします。

 

ただこれだけを突き詰めることも大切です。

何度も何度も、そのロングボールを打たせて、経験を積み、その攻撃全てにカウンターをとる術を得ることが必要です。

非常にシンプルですが、強い。これは表ソフトの基本の戦い方の基本で、まずは攻撃させて、カウンターをとる方法です。

 

表ソフトでの点数をとるパターンとして、練習することをお勧めします。