最新情報

ピロウズのギタリスト「真鍋吉明」さんのギター

     

 

ピロウズのギタリスト真鍋吉明さん

 

真鍋さんは、the pillows のギタリストです。

私がギターを始めるきっかけになった方で、昔DVDで「1週間でマスター!ハイブリッドレインボウ講座」という楽曲の説明動画は、何度も見ました。

初めてライブに行って、そのギターを見たときは本当に感動しました。

 

オレンジアンプ、ブルースドライバー、ビッグマフ、あたりが真鍋さんのギターという印象を持っています。

 

使用ギターがムスタング、ジャグマスターだった頃

 

ピロウズの歴史は長いので、真鍋さんもギターを何本も変えています。

もっと古くからのファンもいるのですが、私がピロウズを聞き始めた頃は、真鍋さんは、ムスタングやジャグマスターを使用していました。

使用していた時期は1999年から2007年ですので、8年間使用しておられました。

 

このギターたちは「スチューデントモデル」と呼ばれる、ギターとしては入門用に適しているギターでした。

価格にすると5万~7万くらいになります。

 

以前は高級なギターを使用していたそうですが、盗難されたことをきっかけに

高級なギターで良い音が出るのは当たり前、プロは、みんなが使っているギターでここまで出来るということを見せたい

と考え、安価な入門モデルを使用することにしたそうです。

 

当時真鍋さんはジャグマスターも使っていましたが、メインはムスタングでした。

ムスタングはシングルコイルですので、煌びやかな音色を出していました。

使用エフェクターである、ブルースドライバーともマッチングしていましたし、だからこそのビッグマフという選択だったのだと思っていました。

 

音色が変わった

 

ところが、CDでのピロウズの音色が大きく変わったタイミングがありました。

高音が特徴のシングルコイルPUの音ではなく、中音域が強調された音色になっていました。

 

私は、ミックスが変わったのかなと思っていたのですが、雑誌でピロウズをみると、真鍋さんのギターが変わっていました。

 

サゴ・ニューマテリアルギターという会社が製作したギターでした。

お値段は30万以上。

あぁ、ついにムスタングやめたのかぁ、と思いました。

 

真鍋さんが当時無名だったギターメーカーに、「君が有名になるまで、このギターを使うよ」と言われたそうで、それは仕方のないことでしたが

当時は残念に思いました。

ムスタングを使っている真鍋さんが好きだったからです。

 

そこから、ミックスも変わったのだと思いますが、ギターの音づくりにも変化がありました。

シングル→ハムのPUの変化は大きく、ギターサウンドが太い音に変わりました。

 

音色が

シングルコイル+ブルースドライバー+ビッグマフ

という、ギターの力の無さをエフェクターが補う形だったのが

 

ハムバッカーの高出力を軸に歪みを足していく

といった作り方に変わったことが、ピロウズの音色変化の1つだと感じています。

 

 

一般社団法人 ガチョック

開所日:月曜日~金曜日
開所時間:9時~17時
休日:土、日、祝
GW、お盆、年末年始はお休みいたします。