最新情報

ギター初心者に最も効果的な練習とは

     

 

ギターの練習は苦痛でしかない

 

楽器の練習は、基本的に苦痛です。

苦痛でなければ、多くの人が楽器を弾けるでしょうし、「楽器を弾けること」は、特別なことではなくなるでしょう。

 

ギターを始めたころは

弦を押さえても鳴りもせず

そもそも弦を押さえるまでの指も動かず

「これは弾けるようになるまで、永遠に近い時間がかかる」

と、絶望するのが普通です。

 

この苦痛を乗り越えた人だけが、ギターを弾けるようになるのです。

 

苦痛の乗り越え方

 

苦痛を乗り切る上で、一番最初に必要なのは

「ギターをちゃんと弾くことを諦める」ことです。

 

苦痛なのは「ギターを弾こうとしているのに、弾けない」から辛いのです。

求めていた結果を得られない(ギターがちゃんと鳴らない)から苦痛を感じるわけで、それならば、最初から求めていた結果の水準を下げましょう。

 

まず、ギターを弾く工程を分解してみましょう。

 

ギターのコードを押さえる際は

①指を弦の上に置く

②弦を押さえる

③弦を鳴らす

 

工程があります。

 

まず、最初は

①指を弦の上に置く

工程だけをやってみましょう。

 

Cコードであれば、その形だけを指で再現してみましょう。

最初はそれすら難しいはずです。

 

1つの工程すらできないのに、3つの工程を同時に行ってもできないわけです。

 

これは単純に

Cコードの形を指で作り弦に触れる→離す

を延々と繰り返していきましょう。

 

これは単純な作業ですので、何も考えずにできるようにしていくと良いでしょう。

 

練習のポイント

 

こういった単純さ作業も、苦痛です。

可能であれば楽をしたいはずです。

 

基本的に何も考えずにこういった作業はできるはずなので

テレビ等を見ながらやってみましょう。

 

ドラマ1本みながら、ギターを抱えて

Cコードの形を指で作って、離す

といった動作を延々と繰り返していきましょう。

 

そうするとドラマも見れますし、ギターは弾けてなくても時間の無駄ではありません。

これを繰り返していくと、Cコードの形を体が覚えていきます。

 

あまり練習を意識せずに、ただ、ギターを触りながらテレビを見ている

という気持ちを大切にすることで、苦痛をより感じにくくなります。

 

見終わった後、ギターを弾くのも忘れてテレビに熱中しても良いと思います。

それは、そのテレビが面白かった証だといえます。

 

こうやって苦痛を可能な限り無くし、好きなことをしながらギターを単純に触って、同じ動作を繰り返すだけで

ギターが上達するはずです。

 

 

一般社団法人 ガチョック

開所日:月曜日~金曜日
開所時間:9時~17時
休日:土、日、祝
GW、お盆、年末年始はお休みいたします。