最新情報

ZoomとYoutube配信の課題

     

会場全体の収音が得意な360°マイク

Zoom研修

お陰様でオンライン研修の依頼をいただくようになり
リアルタイムでのYoutube配信を業務として行わせていただいています。

そこで、よくある依頼の中で、ガチョックが頭を悩ませたのが
「オフラインとオンラインの融合」の研修です。

新型コロナウイルスの蔓延によって
講師の先生も会場に入ることができませんが
司会進行の方や別の先生は現地(配信場所)にいる。

このときに、依頼主さまから提示されたのが
Zoomで通話しながら、Zoom画面と現地のカメラ映像を切り替えながら
Youtubeライブで配信したい。というものでした。

映像の出口と音の出口

なんだ簡単じゃないか、と感じるかもしれませんが
ちょっと難しい話なのです。

カメラ映像をPCに取り込んで配信ソフトとZoomで分岐する場合
映像の出口を当然ですが配信ソフトを優先させます。
するとどうでしょうか。Zoomはカメラ映像の配信ソフトに映像の出口を奪われているので映像を取り込めないのです。
するとZoomで繋がっている先生には映像が届きません。
困りますよね。

音声にも似たようなことが起きます。
会場内でマイクを使って話をする先生方、そこに、会場内にいる人にも伝わるように
Zoomで繋がっている先生の声もミックスします。

この会場内の音声をZoomに返した場合、Zoomでは自分が話した声も返ってくることになりますし、
そもそも会場の音とパソコンから出力される音をどうやって会場のスピーカーに届ければ…?
パソコンの音の出口と入口をどうやって設定すれば…?
などなど、課題がたくさんでてきます。

課題の解決

ガチョックでは様々な課題に向き合い
それらを解決してあります。

機材的な限界は存在しますが、それらを工夫で乗り越え
安定した配信環境を用意することができました。

オンライン研修を行いたい!それを配信したいという企業様がおられましたら
是非、ご相談ください。